エコキャップ集めてポリオ(小児麻痺)撲滅
 ポリオ(急性灰白髄炎:小児麻痺)は既にワクチンが開発されていますが経済的な理由で接種が行き渡らない国々が未だ、存在しています。

 現在、そうした国への募金支援やポリオ撲滅キャンペーンは様々な機関で行われています。

 その中の奉仕団体、機関としてワクチン代費用を支援するロータリークラブやペットボトルのキャップを集めてNPO法人エコキャップ推進協会に送り届けるローターアクトクラブがあります。

 ポリオワクチン代はひとり20円。ペットボトルのキャップにして約860個、重さにして約4キロでポリオワクチン代として活用されているのです。

 きぬ幼稚園では約2年前から保護者と職員で集めたペットボトルキャップを定期的に茨城第2820地区ローターアクトクラブに届けています。


 
2年間で集めた総量は約260kg、65人の子どもの命が救えました。
                         
2014年2月現在

 世界中の子どもたちに愛を!

過日、この団体から感謝状を頂きました。

これからも幼稚園、保護者との二人三脚で少しでもお役に立てればと思います。