園トピックス 家庭科保育実習で中学生が来園
               ありがとう!常総市立水海道西中学校 第3学年の生徒たち
                                                      平成26年11月20日 AM10:20〜11:45
                                                                  | indexに戻る | 

今年度も常総市立水海道西中学校第3学年生徒160名が家庭科保育実習で来園。
今年度は年少、年中組に入り、園児たちと交流しました。

当日の写真写真撮影:I・M先生&園長
水海道西中学校3学年の皆さん、ようこそきぬ幼稚園へ。卒園児の顔ぶれも懐かしい限りです。  
園児と対面〜人形劇や遊び、抱っこなど、交流の様子です。  

 
     
   
     
学習やかけっこもしました。  
     
お別れの時。園長からの話と生徒代表があいさつ。上がっていたかな。(笑)  
あっという間に時が過ぎてしまいました。幼稚園の先生に見守られ、中学校に戻りました。  
「皆が幼稚園のときのことを忘れても、先生たちは覚えているものです。」

「幼稚園や保育園のことを覚えている人は手をあげてください。」→パラパラ、5人位!

すかさず幼稚園担任が「ぇえ〜!覚えているよみんなのこと」

「楽しかった人、手をあげてください」→照れて、しィーん。

「幼稚園のみんな、楽しかった人」→「はぁ〜い」

「ほらほら、幼稚園生は元気だよ。もう一度、聞きます。中学生のみんな、楽しかった人」→少し「はぁ〜い」

「聞こえない、聞こえない、幼稚園生に声を届けてあげましょう」

「もう一度、中学生のみんな、楽しかった人」→「はぁ〜い」

「聞こえないよ、素直になってみようよ、楽しかった人?」→
「はぁ〜い」

そして、「小さい子を前に照れたりするのは当たり前。もしどこかで面倒を見たり、
助けてあげなくてはいけないとき、やさしく手を差し上げるすてきで格好いい中学生であって欲しく思います。
幼稚園の先生たちも私もずっと見守っていきますよ」

「この日の体験、いつまでも忘れずに、残る中学生生活、受験勉強に大いに励んでください。」

きぬ幼稚園長