トピックス  
「お祖父ちゃん、お祖母ちゃん達との交流会」  平成23年2月21日  

常総市役所いきいき支援課の主催で、地区のお祖父ちゃん、お祖母ちゃんが来園され、昔の遊びをとおして
園児たちとふれあいながら楽しい時間を過ごしました。市役所スタッフの皆様、
そしてお祖父ちゃん、お祖母ちゃん、ありがとうございました。
昔懐かしい玩具が用意されました。
おはじき、めんこ、ベーゴマ。子どもの頃が思い出されます。
午前10時30分過ぎ、交流会が始まりました。 園児たちをお祖父ちゃん、お祖母ちゃんがぐるりと囲みます。
始めに市職員の方が日本古来の着物を説明。
はんてん、ちゃんちゃんこなど。皆、知っている?
ぉ!これはベーゴマだ。幼い頃、私は夢中になりまして
久々にトライ。見事一発で“床”に。
ぉ!めんこだ。 達磨落とし、おはじきコーナー。
うんうん、これも懐かしいね。 糸でんわ、聞こえましたか?
「ベーゴマはこうしてやるんだよ」。 園児たち、おはじきの遊び方、知っていました。
お相撲あそび、これもやったね。 達磨落とし、上手に出来ましたか!
あっという間に時が過ぎ・・。 最後にぺープサートそして紙芝居。
皆でありがとう! 何とお土産を貰ったのね。
お祖父ちゃん、お祖母ちゃんから手渡し。 これがお土産、小麦粘土。
手作り玩具の幾つかは日頃の保育の中でも体験していますが、他、たくさんの遊びに園児たちは夢中になりました。
「テレビやゲームあそびも良いけど、今日は皆の知らないあそびもたくさんあるよ」
はじめの園長あいさつの中で呼びかけましたが、どんなに時代が変わっても
子どもたちの興味、関心は変わらない、少なくとも私たち大人がこうしたものを伝え続ける限り、そう思いました。

「いつの日か幼稚園に昔懐かしいおもちゃ、玩具の部屋を作りたい」
そう願って、数年前から、駄菓子屋、旅先で買い続け、保管してきました。その数、1.000点以上!
しかし4年前の園舎リフォームでひとまず、箱に片付けました。

衝動買い癖も自重していますが、その思い、復活しそうです。(笑)