入園要項  | Topに戻る |
 平成27年4月からの「子ども・子育て支援制度」が開始により当園も『認定こども きぬ学園』として幼保連携型の施設を併せ持つこども園になりました。
 以下、これまでとは異なる入園までの手続き、流れとなります。


入園ご希望のお子さま全員が認定を受けていただきます。以下、保護者の就労形態や家族環境で手続きが異なります。


1号認定子ども
満3歳以上の小学校就学前の子どもであって、家庭や家族で必要な保育が可能なもの
・幼稚園
・認定こ ども園

2号認定子ども
満3歳以上の小学校就学前の子どもであって、両親の就労や家庭の事情で必要な保育が受けることが困難であるもの
・保育園
・認定こ ども園

3号認定子ども
満3歳未満の小学校就学前の子どもであって、両親の就労や家庭の事情で必要な保育が受けることが困難であるもの
保育園
・認定こ ども園
・小規模 保育等

教育・保育標準時間 4時間『1号認定』(従来の幼稚園型です)の場合

保護者に提出していただく書類を送付します。必要事項を記入後、当園に提出していただきます。お預かりした申請書を市に提出し、認定を受けます。その後、当園より認定通知証および園との契約書を保護者に送付致します。

教育・保育標準時間 8時間及び11時間(2号3号認定)(従来の保育園型です)の場合

就労や家庭の事情で、当園での保育を希望される場合は直接、市の窓口に認定申請・入園申し込みをしていただきます。保護者には市から認定証が交付され、施設決定・負担額決定の通知が届きます。当園の入園が決まりましたら詳細についてご連絡致します。(定員なり次第、市が他園への利用調整をすることはご了承ください)

※常総市以外にお住まいの方は、市町村により取扱いが異なりますので担当窓口に確認してください。


※幼稚園型での保育を希望する2歳児においては『2歳児預かり保育制度』の利用が可能です。認定区分や申込方法、保育料の詳細につきましては園までお問い合わせください。


新制度での保育料は、幼稚園、保育園、保育所などの施設すべてにおいて、原則保護者の所得に応じた金額(応能負担)になります。

@教育・保育標準時間4時間をご利用の方は保護者の所得(市町村民税所得割額)による応能負担+園での実費徴収、上乗せ徴収になります。

A教育・保育標準時間8時間及び11時間ご利用の方は保護者の市町村民税所得割額基準の負担額決定になります。他、父母の会費、親子遠足は実費徴収になります。

※@、Aの金額については各市町村で決定され、園が通達します。2015年4月1日現在


教育・保育標準時間 4時間 教育・保育標準時間 8時間及び11時間
1年保育(5歳児) 若干名
2年保育(4歳児) 10名
3年保育(3歳児) 60名
2歳児預かり     若干名
0歳〜5歳(各年齢6名ずつ)

0歳児においては生後6ヶ月からとします。



園見学及び説明会 9月頃 

子育て支援どんぐりっこ(週3日〜4日) 詳しくはメニューどんぐりっこ参照。

園見学は随時、受付します。ご希望の方は園までご連絡下されば担当職員が応対します。

入園ご希望の方に運動会、クリスマス会へのご招待状を送付いたします。園まで連絡ください。

途中入園受付しています。職場の異動により当地区にお引越しされた来られた方々におかれましては、入園の受付可能です。お気軽にご連絡ください。尚、途中入園の場合は、翌年度の入園式であらためてお祝いのセレモニーを行い、記念写真を撮影します。
下写真は平成26年度までの園庭開放、どんぐりっこクラブ、入園説明会そして新入園児準備会のひとコマです。
電子メールでお問い合わせ方式は無くしました。今後はお電話での方式とさせていただきます。
                          画像、文書等の無断転載、引用等を禁じます。